畳の表替えっていつやるの?

  • 畳の表替えの時期

皆さんは畳の表替えっていつやりますか?

たいていの人は、「畳の色が真っ黄色になってから」、「表が傷んで毛羽立ってから」という人も多いのではないでしょうか?

畳屋さんを儲からせる話に聞こえるかもしれませんが、5年に1回位畳のゴザを裏返してさらに5年くらい使って新しいものにするといいそうです。

普通のイ草の畳のゴザは2枚合わせになっているので、表が傷んだり、毛羽立っても裏はまだ傷んでない状態なのです。なので、5年くらいで裏返しにすると、また新しいイ草のゴザが出てきて新しい状態が楽しめます。また表替えだけだとゴザの裏と表をひっくり返すだけですので、畳のイ草を全部変えるより安く上がり、環境にも優しく使っていただくことができるそうです。だだ長年使っていき、表が傷みすぎると裏は使えなくなるので、その時は全面取替になります。

新しい畳はにおいもよく、すがすがしい感じがします。

畳もきちんとメンテナンスして、気持ちよく使っていきましょう。