せっかくの吹き抜けだけど…冬の寒い時の寒さ対策

◆ある日の出来事

暖房をガンガンたいているのに、足元が寒いなんて経験はありませんか?
先日不意に店にお客様が入ってこられて、こんなご相談がありました。
「吹き抜けをふさぎたい」とのこと。
最初、吹き抜けをふさいで床板を張り部屋にしたいのかなと思ったのですが、よくよくお話を聞いてみると、「冬が終わってしまったが、吹き抜けがあって部屋が暖まらないので冬季のみふさぎたい。夏は吹き抜けとして開けたい。でも年も取ってきたので、簡単にできる方法はないか」ということでした。

◆吹き抜けは寒さの元凶??
吹き抜けは天井が高く開放感があり、ぜいたくな空間になって非常にいいのですが、冬場冷気が下りてきて寒いという話はよく聞きます。
吹き抜けは冬の寒さの元凶のようにいわれますが、そんなことはないのです…。吹き抜けがあってもそれほど寒さを感じない家もあります。「寒い」家と「寒くない」家はどこが違うのでしょうか?

◆「寒い」家と「寒くない」家の寒さの違い
結論から言うと、気密と断熱の良い家は吹き抜けがあっても、それほど寒くなりません。吹き抜けは温かい空気を上まで持って行ってしまいますので、上階も暖かくなるはずです。しかし、空気の対流によって上階で極端に空気が冷やされると下に下がってきた空気は当然冷たいので下階は寒くなり、温まりにくくなります。
吹き抜けがあっても温かい家は外部からの熱の出入りの少なく、内部の熱が逃げにくい省エネの家と言えるでしょう。
吹き抜けにより家が寒いかどうかは住宅の断熱性能にかなり関係があるので、吹き抜け=寒いとは必ずしもならないのですが・・・ね。ドイツ等のヨーロッパくらいの厚さの断熱材を使い、住宅性能も上がってくれば吹き抜けでも寒くはないのでしょうが・・・。

◆吹き抜けの寒さ対策
さて、少し逸れましたが、吹き抜けを塞いで、温かい空気を逃がさない方法としてどんなものがあるでしょうか?

吹き抜けをふさぐ方法としてはいろいろあるのですが、一番簡単なのはカーテンのロールスクリーンを水平に張る方法ではないかと思います。(冒頭のお客様にはこの方法をご提案しました。うまくイメージが伝えられたか不安ですが・・・)
他には周りに「受木」を付けてポリカーボネートの断熱パネル(ポリカプラダンというらしい)を付けることもできますが、撤去するとき脚立かなんかに上って外す必要があるので、大変かな…と思います。

インターネットで調べたら、その施工例が載っていました。

(1)吹き抜けにロールカーテンを付けるとこんな感じ
※吹き抜けに天窓用のロールスクリーンを付ける例が出ていました

useful information details_03

(2)ポリカーボネート製の断熱パネルを張るやり方。
これだと下から撤去ということになりますかね・・・

useful information details_06

<おまけ>吹き抜けをふさがないで2階の手すり壁部分をふさぐ方法
空間が空いている分、解放感はあるが、暖房面積が増えるのでちょっと暖房が無駄かな~。

useful information details_08

リビングに階段があって吹き抜けがあると、吹き抜けから暖房で軽くなった空気があがり、2階で冷やされた空気が重くなって階段から降りてくるという循環になることもあり寒くなります。
なので、階段のところもドレープカーテンやロールカーテンでふさぐと効果が上がるかもしれません。
吹き抜けがあって寒いと感じる時は、お試しください。
吹抜けのパネル張込工事、カーテン設置のお見積りもいたします。お気軽にご連絡ください。